トピックス

2017.12.01日文研の話題 オランダ・ライデン大学長一行が訪問されました(2017年11月21日)

 11月21日(火)、カール・ストルカー ライデン大学長、イフォ・スミッツ日本学科長ら一行が日文研を訪問されました。
 今回の訪問は、日文研が実施している人間文化研究機構ネットワーク型基幹研究プロジェクト「ハーグ国立文書館所蔵平戸オランダ商館文書調査研究・活用」の推進に関する協定をハーグ国立文書館及びライデン大学文学部との間で昨年12月に締結したことが契機になっています。
 日文研 小松和彦所長をはじめとする教員との懇談では、日本研究の多様化・グローバル化を踏まえた研究手法や人文学の今後のあり方等について活発な意見交換が行われ、引き続き、図書館を見学し、学長らは妖怪や鯰絵などの所蔵貴重資料を熱心に鑑賞されました。
 ライデン大学長からは、日文研とのさらなる研究協力の推進への強い期待が寄せられ、今後のライデン大学との交流に大きな飛躍となる貴重な機会となりました。
 
  • カール・ストルカー ライデン大学長を囲んで カール・ストルカー ライデン大学長を囲んで
  • 記念品の贈呈 記念品の贈呈
  • 図書館での見学の様子 図書館での見学の様子

ページトップへ