トピックス

2017.10.06日文研の話題 フィリピン大学ディリマン校学長が訪問されました(2017年9月27日)

 去る9月27日(水)、フィリピン大学ディリマン校マイケル・リム・タン学長が、日文研の小松所長を表敬訪問されました。

 今回の訪問は、独立行政法人 国際交流基金アジアセンターのアジア・文化人招へいプログラムの一環によるもので、タン学長は、文化人類学教授及び医学部臨床学教授を務めておられ、フィリピン国内において影響力・発信力が大きい知識人です。

 小松所長をはじめ日文研教員との懇談では、フィリピンを含む東南アジアにおける日本研究の現状及び日比交流を踏まえた今後の研究交流の在り方など多岐にわたる意見交換がなされました。

 引き続き、図書館へ移動し、貴重資料の閲覧、古書のデータベース化作業を見学されました。

 今回の訪問は、今後のフィリピン大学と日文研との研究交流に向けた貴重な機会となりました。
  • 左から国際交流基金藤田様、坪井教授、マイケル・リム・タン学長、小松所長、安井教授、磯前教授 左から国際交流基金藤田様、坪井教授、マイケル・リム・タン学長、小松所長、安井教授、磯前教授

ページトップへ