トピックス

2017.06.29日文研の話題 日文研木曜セミナー「合氣道とその理念(演武あり)-内弟子生活で得たもの-」を開催しました(2017年6月22日)

 今回の木曜セミナーでは、当センターの職員であり、合気道の指導員でもある竹田明敬氏が、自身の内弟子生活の経験や合気道について、演武を交えながら発表を行いました。
 合気道開祖、植芝盛平先生の直弟子だった阿部醒石先生の内弟子として、共に生活をしながら学んだ教えには、古事記の神々と合気道の技との関連性を示す「古事記を胎蔵せよ」という言葉や、合気道の力の循環を示す「もろたらかえせ」という言葉のように社会生活に応用できるものがあったことを、一つひとつ丁寧に、時には演武を交えながら解説しました。
 最後には、稲賀繁美副所長も演武に参加するなど、会場は熱気に包まれていました。
 
  • 講演を行う竹田氏 講演を行う竹田氏
  • 演武を交えた解説① 演武を交えた解説①
  • 演武を交えた解説② 演武を交えた解説②
  • セミナーの様子 セミナーの様子

ページトップへ