トピックス

2017.04.10図書館 図書館のトピックス(2017年3月)

海外交流
  • 2017年3月、トロントで開催された北米日本研究資料調整協議会(NCC)ワークショップ、東アジア図書館協会(CEAL)年次集会に、日文研から山田情報管理施設長と資料課職員2名が参加しました。NCCワークショップでは、日米の司書・研究者が集まり、「Doing Digital Scholarship in Japanese Studies」というテーマで互いに資料とデジタルの活用について発表し合いました。日文研からは、日文研オープンアクセスや日文研データベースの最近の動向について紹介しました。また北米の司書のみなさんと実務的なミーティングや交流の機会を多く持ちました。(2017/3/13-16)
     
資料保存
  • 紙に含まれた成分のため、もろく壊れやすくなった図書(酸性紙)について、専門業者に委託して紙を中和する作業(脱酸処理)をおこないました。今回の脱酸処理では洋書23冊を対象とし、ブックキーパー法と呼ばれる方法を採用しました。また脱酸処理にあわせて破損部分の修復もおこないました。
  • 劣化の進んだ戦中期の映画フィルム(日中文化関連ニュースフィルム)18点について、フィルムの補修・クリーニングと、デジタル動画ファイルへの媒体変換をおこないました。
     
新着資料
 下記の資料等が新しく利用可能になりました。
  • 茅原華山関係史料(書簡ほか書写資料、箱入り)
  • 土佐派春画白描模写巻(艶本・住吉如慶模写、艶本データベースにて公開)
  • 貴重書『Histoire de ce qvi s'est passé av royavme dv Iapon, es annees 1625. 1626. & 1627. : tirée des lettres adressées au R. Pere Mvtio Viteleschi, general de la Compagnie de Iesvs』(1633) 他
     

図書館の利用について(センター外の方)
http://library.nichibun.ac.jp/ja/guide/use_visitor/index.html

ページトップへ