トピックス

2017.01.26日文研の話題 光平有希プロジェクト研究員が総研大文化科学研究科奨励賞を受賞しました(2016年12月10日)

 去る12月10日(土)開催された総研大文化フォーラム2016(於:日文研)において、光平有希プロジェクト研究員が総研大文化学研究科奨励賞を受賞し、同日、小島道裕文化科学研究科長から賞状を授与されました。
 
 総研大文化科学研究科奨励賞は、総研大文化科学研究科に在籍する学生の優れた研究成果を顕彰するとともに、同研究科の研究活動の活性化を図るために、平成28年度に創設されたもので、光平研究員が最初の受賞者になりました。
 
 受賞は、同氏の在籍中の「江戸~明治期における音楽療法思想」研究が認められたもので、江戸期の養生論とともに、明治期の西洋医学理論の受容の過程を考察しています。
 また、在籍中の総研大文化科学研究科学術交流フォーラム(当時)への企画及び口頭発表を行うなど積極的な研究活動への取組も高く評価されています。
 
  • 授与式(小島道裕総研大文化科学研究科長(左)光平研究員(右)) 授与式(小島道裕総研大文化科学研究科長(左)光平研究員(右))
  • 光平研究員からの受賞あいさつ 光平研究員からの受賞あいさつ

ページトップへ